ubuntu 8.04

1909420

Ubunな生活の始まり

ノートパソコンインストールしました。3年くらい前のマシんですが快適です。

XPとの共存です、Wubi というソフトを使いました。ここから Wubi-8.04.exeというファイルを落とします。

これを実行するとインストールが開始します。インストールはとても簡単です。このWubiを使うとWindowsのソフトとしてインストールが出来ます。
これはネットを通じてインストール出来るらしいけど、ISOのイメージファイルを同じディレクトリに置くとそのファイルを使うらしい。という情報からフォルダを作りそこに2つのファイルを置いてインストール開始したのですが、遅い!残り時間2時間30分を越えている。?

 

当然このノートは無線LANなのでこのネットワークでWEBからファイルを落としてインストールを行っていたのです。慌てて中断し有線を接続してインストール再開したところ約20分で完了しました。
つまりWubiこのファイルだけを落としてネット環境があればWindowsの環境からインストールが簡単に出来ることになります。7からのアップグレードは少し状況が違うみたいです。
すっごく快適なんだけど、私的に気になるのは「ソフトウエア・日本語変換・フォント」などこれからいろいろ調べたいです。まず一番驚いたことは、まず驚い たのはネットが劇的に早くなったことです。ウインドウズで有線は20M前後だったのがUbun君は60M前後に。無線もウインドウズは2M前後だったのが なんと15M前後を記録しています。当然オープンオフィスにも興味ありますが、まずはデスクトップで遊びました。

hot

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、オープンオフィスのワープロとブラウザを立ち上げている状態でワープロの画面を見る場合、Windowsならブラウザを最小化するんだけど、 Ubun君はマウスでウインドウの端をドラックすると開いている窓が布のようにめくれその下にあるものが見えるのです。(これ(☆。☆)でした)
更に調べると3Dなる技があり試してみました。Linux全般の話だと思いますが、仮想窓が使える。1台のPCなんだけどあたかも数台のデスクトップを操っている感覚で本来はマウスでその窓を切り替えて使います。

3d420

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご覧のようなイメージで操作出来ます。Vistをお使いの方はAeroだと思います。

これ言葉では理解しがたいのでこんなの見つけました。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました