JJRC H8C 電柱激突

愛機

追加のバッテリーを発注したのだが、時間がかかる。正規品の充電器では充電時間がかかるとネット情報があるが、対応方法が分からずとりあえずバッテリーの追加注文を済ませ1回充電で5-6分のフライト練習を行っている。

気づいた点。

  • 風に弱い。
  • ビデオ撮影が上手くゆかない。
  • バッテリーは数個必要。
  • ビデオ撮影に音は要らない。

良い点

  • 無風なら簡単に操作できる。
  • 手投げ離陸も簡単。
  • 作りがチープであるが丈夫。

とにかく風に弱い。H8Cはクアッドコプターは4つのプロペラで正方形の形をしており近くでみればLEDライト(前は白。後ろが赤)がはっきり認識出来るのだが、上空にあがるとこのLEDが見えない。そよ風(小枝が揺れる程度)でも進行方向関係なく機体が流される。

つまり前後の位置関係がわからなくなる、プロポでの操作と関係なく流されるのである。

ビデオ撮影と静止画の撮影はプロポで操作出来るのだがこれが未だにコツが掴めずビデオ撮影が上手くゆかない。(故障なのかも知れない)

そんな中先日、コントロールを失ったまま電柱に激突!(内心全損を覚悟した)空から数個の部品が落下してきた。バッテリーのカバーとビデオカメラが落ちてきたのだ。本機は電柱の上に引っかかっている。(パニックって写真なし)

しかし部品と本機を回収し組み直すと何事もなかったように再飛行ができている。丈夫さに驚いている。

後の気がかりは、コントロールを失い落下した際に本機を探すのに苦労する。簡単に高度を上げることが出来るが、上空は想像以上に風があり流され墜落を何度も繰り返す。目視しているのだが本機の回収に時間がかかる。いづれ失くすような気がする。

7千円前後の玩具との思いから、探している途中にあきらめかけている管理人がいるのだ。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました