LEAFでプロパイロットを使ってみた

那須南

東京までの往復約300キロを走ってきた。往路は一般国道を復路は高速道路を使用してのプチ旅で主にプロパイロットを使用しての走行

一般道をプロパイロット使用してのまず驚いたのはブレーキペダルを全く使わなくても良い?東京までの回数にして10回前後だったと思う。最初の慣れが必要で前車が信号などで停止した場合に追従して停止するのだが、最初はこの行為に懐疑的行動からのブレーキング😁

しかしこれは慣れです。よく乗用車の助手席に座った時思わず右足に力が入り場合によってはブレーキを踏む動作をしていたりしませんか?
そうなんです、ブレーキを踏むタイミングと強さの違いに慣れないからです。回数をこなせばこのタイミングと強さに慣れることでしょう。

メーター脇に表示されるプロパイロットモードを注視する必要があります。前車を認識しているか?白線を認識している?

前車認識は前車が高速での走行や左右に路線から外れた場合に消えます。この際は設定速度に達するまで自車は速度を上げます。当然現時点では信号認識などないので前車認識な場合は、赤信号でも設定速度で交差点に突っ込みます。
ブレーキを踏むかハンドルの「Cancel」を押す必要がある。この際プロパイロットモードは解除されるので再設定が必要となる。

車線認識は一般道路では低いです。高速道路などでは高確率で認識します。黄色の線は認識しづらいように感じた。

他社の車にも当然付いている機能だと思うけど比較対象が出来ないので、私のEVを褒めちぎるしか出来ません。現在も乗っているGolfの4代目との比較としておいて下さい。

今回の初乗りでプロパイロットの素晴らしさも良かったのですが、なんと言っても電費(燃費)に超感動しました。

我が家は自宅充電をメインで行っています。100%EVなので必ず充電が必要です最近はコンビニなどでも充電出来るらしいのですが、我が家は自宅の深夜電力を利用しています。

我が家は「電化上手」という電力プランで現在は新規申込みはないそうで、ディーラーの方からこの電化上手は手放さない方が良いとアドバイスがあったほどです。深夜電力 1Kwh 12.4円

これはチョー魅力なのです。今回の旅での電費

1kWh で 7.7Km 走っています。これをガソリン車の燃費に換算すると。現在140円/リットルでしょうか?

140円分の電力は深夜電力を利用すれば11.2kWhが購入出来ます。つまり

7.7×11.2 = 86.2Km

となります。1リットルあたり86.2Km走るという事ですね。もちろん遠出をした場合は出先での高速充電行う必要があります。高速充電の場合はいろいろなプランがあり、この数値は無理かと思います。

我が家は現在外での高速充電を行うシュミレーションは出来ていません。

 

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました